インクルーシブ人権共生教育振興会

共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システムの構築

(文部科学省)
 「共生社会」とは、これまで必ずしも十分に社会参加できるような環境になかった障害者等が、積極的に参加・貢献していくことができる社会である。それは、誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合い、人々の多様な在り方を相互に認め合える全員参加型の社会である。このような社会を目指すことは、我が国において最も積極的に取り組むべき重要な課題である。
 共生社会の形成に向けて、障害者の権利に関する条約に基づくインクルーシブ教育システムの理念が重要であり、その構築のため、特別支援教育を着実に進めていく必要があると考える。

インクルーシブ(包括)教育とは

障害のある者が社会から排除されない事。
(文部科学省)
 インクルーシブ教育システムにおいては、同じ場で共に学ぶことを追求するとともに、個別の教育的ニーズのある幼児児童生徒に対して、自立と社会参加を見据えて、その時点で教育的ニーズに最も的確に応える指導を提供できる、多様で柔軟な仕組みを整備することが重要である。
 小・中学校における通常の学級、通級による指導、特別支援学級、特別支援学校といった、連続性のある「多様な学びの場」を用意しておくことが必要である。

インクルーシブと人権教育

『サラマンカ宣言』(1994年・スペイン政府とユネスコ)

 「特別ニーズ教育世界会議:アクセスと質」において、特別なニーズ教育における原則、政策、実践に関するサラマンカ声明として採択された宣言である。
 
 
 
一般社団法人ココロ未来学院